トシバウロンblog
バウロン奏者「トシバウロン」のブログ
NEWS&ライブ情報

お知らせ
2011.06.10 を持ちまして、当ブログは移転いたしました。
新しいブログは

www.t-bodhran.com

をご覧ください。当面は告知用にこのブログも残しておきますが、
更新は新しいブログの方で行って参ります。よろしくお願いいたします。
トシバウロン




日本初アイリッシュコンピアルバム【TOKYO IRISH GENERATION】発売中!!
詳しくはこちら→http://tokyoirishgeneration.jimdo.com/

John John Festival 1stAlbum 好評発売中!!
詳しくはこちら→http://jjf.jimdo.com/

Harmonica Creams 1stAlbum「触感の研究」 絶賛発売中!! 
新宿タワーレコードなどで大きく展開中。詳しくは下記。
http://harmonicacreams.jimdo.com/

6/5(日)John John Festival&トンデ空静@中野 桃園会館
《トンデ空静企画 ”桃祭”》
open 17:30 / start 18:00
前売1,800円 / 当日2,000円
予約:johnjohnfestival@gmail.com
【出演】
John John Festival
トンデ空静(錆び模様/新作)
*渋さ知らズなどで活躍中の松原東洋率いる舞踏家集団”トンデ空静”の新作公演に、
John John Festivalが参加します。John John Festivalのネタに舞踏が合わさったときの
エネルギーは圧巻です。ダンスに合わせるのではなく、ダンスとぶつけ合う音楽を是非体感してください。

6/10(金) flora and fauna(花とどうぶつ)@北千住コズミックソウル
「高橋裕プレゼンツ 6月の三すくみ」
開場19:00 開始19:30
料金2000円(自家製パン付) 
【出演】
ヨミンチャラ、でいらほん、flora and fauna
*高橋裕企画、3組ライブの完結編。今回はトリを努めます。少しばかり気合を入れる。

6/11(土)スパン子×トシバウロン@祖師ヶ谷大蔵 Muriwui
19時開始 投げ銭
【出演】
スパン子 accordion,vocal
トシバウロン bodhran,percussion
*3月に行ったライブが好評で、再演を決めました。
エネルギーに満ちたアコーディオンと歌とバウロンのデュオ。
バウロンのポテンシャルが目一杯引き出されるライブです
積極的に期待を裏切ります。乞うご期待。

6/12(日)John John Festival@渋谷 Glad
《THE WILD ROVER 2011》
詳細こちら→http://thewildrover.info/news/news.cgi
OPEN & START 15:00
Ticket
adv.3300yen / door.3800yen
【問い合わせ】
Hot Stuff Promotion 03-5720-9999
*アイリッシュパンク系イベント、the wild roverに参戦します。
アコースティックバンドでどれだけ盛り上げれるか!?乞うご期待。
Drakskipやcopa salvoも出るよ!!

6/14(第二火)John John Festival session@吉祥寺 Cafe Amar
スタート 20:00 ノーチャージ、ノーカンパ(要オーダー)
ゲスト 内野貴文(イリアンパイプ、ホイッスル)
   *毎回満員御礼の楽しいJJFセッション。今回は国内屈指のイリアンパイプ奏者内野さんがゲスト。
 
6/18(土)THE IRISH NIGHT 8th@渋谷 スンダランドカフェ
OPEN 19:00 START 20:00
料 金 :チャージフリー [キャッシュオン & 投げ銭制]
出 演 :
john*:fiddle
豊田耕三:fulte,whistles
野口明生:fulte,whistles
下田理:guitar
&トシバウロン
満員御礼のSUNDALAND発アイリッシュミュージック企画第八弾。
今回はいつもスンダランドのアイリッシュナイトで人気のフィドルのjohn*と
ギターの下田理に加えて、フルート奏者が二人も参加。
第一回目のアイリッシュナイト以来の登場、豊田耕三と
スンダランドセッションは初の野口明生がフルート&ホイッスルを吹き鳴らします。

6/25(土) Swing&Irish@武蔵小山 ハイマットカフェ
17:30open/18:00start
予約2500円/当日3000円(要1オーダー)
*席数35となります。ご予約はお早目にどうぞ。
予約先:03-6452-3770(ハイマットカフェ)
出演:
手島大輔:ギター
john*:フィドル
トシバウロン:バウロン
ゲスト 清野美土:ハモニカ

7/2(土) 寺子屋アイリッシュミュージック第二回 フィドルスタイル

アイリッシュの花形楽器、フィドル。そもそもの呼称からクラシックのバイオリンと奏法を異にし、またブルーグラスなどとも違うアイリッシュフィドル。地域によっても異なるスタイルがあるなど、とても奥深い世界です。この回は自身がフィドル奏者として演奏を続けながら、アイルランド音楽全般に造詣と愛情の深い、北海道の小松崎操さんをお迎えしての講義です。聞き手はフィドル奏者の中藤有花さんが努めます。

小松崎操:fiddle

学生時代にブルーグラス音楽、後にアメリカ東南部のフィドル音楽に出合い、そのルーツのひとつであるアイリッシュ・フィドルに傾倒。札幌を拠点にRINKA、HARD TO FINDで演奏活動をおこなっている。アイルランドの伝統的なスタイルに個性を加えたオリジナル曲も多数作曲。ホームページやブログ、コミュニティFMなどでアイルランド音楽の魅力を紹介し続ける。乙女座のA型。

中藤有花:fiddle,concertina

"tricolor""FEOE"など、各アイリッシュバンドのフロントを務める。個性で凌ぎ合う世界にあって、人に注ぐ暖かい眼差しや、慈愛に満ちた祈りを捧げるような演奏に惹かれ慕う人は多い。誠実な人柄が現れた丁寧なMCも人気。カエルが大の苦手。でもカメは好き。金平糖が好物。射手座のA型。

チャージ 前売2500円/当日3000円 学割・ミュージシャン割2000円(要1オーダー)
通し設定 2回連続で500円引き、3回連続で1000円引き。
会場 深川 そら庵
日時 7/2(土)  
12時開始 14時半終了予定
問合:
tokyoirishcompany@gmail.com(本岡)
050-3414-7591(そら庵)
主催 TOKYO IRISH COMPANY
協力 Irish Network Japan,アイルランド政府観光庁

7/3(日) 山嵜明帰国祝いアイリッシュセッション@西荻窪 のみ亭
チャージ1000円 19時くらいからスタート
山嵜明(sax)、その他沢山わいわい

7/9(土)スパン子×トシバウロン@北千住 コズミックソウル
open 18:00 start 19:00 料金2000円(自家製パン付)
【出演】
スパン子 accordion,vocal
トシバウロン bodhran,percussion
*3月に行ったライブが好評で、再演を決めました。
エネルギーに満ちたアコーディオンと歌とバウロンのデュオ。
バウロンのポテンシャルが目一杯引き出されるライブです
積極的に期待を裏切ります。乞うご期待。

7/15(金) ショピンとジョンジョンフェスティバル@下北沢440
OPEN18:30/START19:00 
前売\2,000/当日\2,500(1order別)
予約(どちらのメールアドレスでもOKです) 
chopiiin.info@gmail.com/johnjohnfestival@gmail.com 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ブログ移転しました
いつもトシバウロンブログをお読みいただきありがとうございます。

2011年6月10日を持ちまして、当ブログは移転いたしました。
新しいブログは

www.t-bodhran.com

に統合いたしました。こちらで随時新しい情報を更新いたします。

当ブログも告知用に当面残していきますが、
これからは新ブログをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

トシバウロン
スポンサーサイト
▲TOP
Swing &Irish お披露目ライブ
次に新ユニットのお披露目ライブです。まだ実験的なユニットですが、初物好きの方にはいいかも。結構ユルユルとやってます。集まってリハをする時に手島君をイジるのが楽しい。

Swing & Irish お披露目LIVE

swingirish.jpg


 ジプシースイングジャズの新旗手、SwingAmorや手島大輔トリオ、そして椿屋四重奏のサポートでも知られる、甘いマスクと超絶テクニックのリードギター手島大輔。
 ただ今人気沸騰中のアイリッシュバンドJohnJohnFestivalから、キュートな表情から繰り出されるダイナミックな演奏でファンの心を鷲掴み中、フィドルのjohn*。
 そして重い体を前後左右に揺らしながら、メガネを弾け飛ばす演奏で喝采を浴びる、アイルランドの太鼓バウロンのトシバウロン。
 以上3名による、ジプシースイングジャズとアイリッシュの新しいユニット。6月25日ハイマットカフェでお披露目です。 ゲストにパリで活躍中、ハモニカ奏者清野美土を迎えてお届けします。世界中の黒人トッププレイヤーに揉まれて培ったパンチの効いたハモニカは絶品です。


手島君人気のため既に予約席の3分の2は埋まってしまったので、お席の予約はお早めにどうぞ。

6/25(土) 武蔵小山 ハイマットカフェ
17:30open/18:00start
予約2500円/当日3000円(要1オーダー)
*席数35となります。

予約先:03-6452-3770(ハイマットカフェ)


出演:

Swing & Irish

手島大輔:ギター

熊本県出身
ジプシースウィングバンド、
Swing Amor(スウイングアモール)のリードギタリスト。
2006年1stフルアルバム「GYPSY SWING JAZZ」をリリース。
2007年ノルウェーのHOT CLUB RECORDのコンピレーションCD
「DJANGO FESTIVAL 5」に参加。
2009年初のソロアルバム「trio」をリリース。
2010年椿屋四重奏にサポートギタリストとして参加。


john*:フィドル

東京都出身
JohnJohnFestivalのメインフィドル、ボーカルを担当。
2010年1stフルアルバム「JohnJohnFestival」をリリース。
同年発売の日本初のアイリッシュコンピレーションCD
「TOKYO IRISH GENERATION」にも参加。
同年公開映画「ハナミズキ」に楽隊として参加。
2011年鬼束ちひろ「剣と楓」に参加。


トシバウロン:バウロン

神奈川県出身
JohnJohnFestivalやHarmonica Creamsのバウロン奏者。
2010年1stフルアルバム「JohnJohnFestival」をリリース。
Harmonica Creams「触感の研究」も同年リリース。
同年公開映画「ハナミズキ」にjohn*と共に参加。
2011年鬼束ちひろ「剣と楓」に参加。


ゲスト 清野美土:ハモニカ

神奈川県出身
現在パリで活躍中、気鋭のハモニカ奏者。
ジョン・マクラフリンや、サリフ・ケイタのバックを務めた
イレール・ペンダ(Bass.)の片腕ソリスト。
Harmonica Creamsの主宰として日本では活動中。

▲TOP
トシバウロンとスパン子
spatoshi.jpg

もう夏になったのかと思うような気分のまま6月を迎えると梅雨。一番駄目な時期だ。
がんばって乗り切るために、ピックアップライブのお知らせです。

6/11(土) トシバウロンとスパン子@祖師谷大蔵 Muriwui
19時スタート 投げ銭


3月のスパン子企画に呼んでもらった時に、あまりに楽しかったので、
今度はこっちから企画して一緒にやる機会を設けました。
場所もMuriwuiとコズミックソウル。どちらもまだスパン子さんがやってない場所を選びました。


ときどきバンドのアンサンブルの中にいて、バランスとか考えちゃうときがある。
全体がよく見えるようにと意識があるんだけども、今回のDUOはまあ二人なので、そういう意識が少なく、
かなり全開でやれるのがいいです。スパン子さんの歌はムッチャ引き上げられる。
練習しているときでも、とてもいい顔して歌ってはりますよ。
色々トライしたくて、新しい歌とか、前に作った歌とかをチョイチョイ引っ張り出してます。
俺も歌おうかな、とかも思ったり。

是非見に来てください。いいよー。
▲TOP
寺子屋アイリッシュミュージック
terakoya omote

terakoya ura


お知らせが遅くなってしまいましたが、新企画のご案内です。

「寺子屋アイリッシュミュージック」という企画を立ち上げました。全三回のアイリッシュミュージック講座です。現役のアイリッシュミュージシャンが解説と聞き手を担当し、それぞれテーマに従ってアイリッシュミュージックにまつわるお話をします。普段音楽を聴くだけではなかなか理解できない、アイリッシュミュージックの奥深さ、由来を知る上でも貴重な機会です。また普段演奏者がどんなことを考えながら音楽にアプローチしているかの裏事情を知ることもできます。是非ご参加ください。レクチャーの間もしくは終了後には、講座担当者によるミニライブもあります。

これからを担う学生や、現役のミュージシャンにも広く聞いてもらえるよう、学割・ミュージシャン割を設定しました。また、全三回の講座に通うことで割引になるようにも設定しました。是非続けて来ていただければ幸いです。

初回はまもなく。予約も入ってきています。5/28土曜日の昼12時から、深川のそら庵というお店での開催です。初回の講師は北海道在住、日本で最も長くアイリッシュ音楽に携わってきた、ハンマーダルシマー奏者の小松崎氏をお迎えします。氏のユーモアに富んだ語り口と、深い造詣、アイリッシュそしてアパラチア音楽への敬意を感じてもらえればと思います。

予約問合:tokyoirishcompany@gmail.com(本岡)



▲TOP
TokyoIrishCompany 東北地方太平洋沖地震チャリティーライブ終了報告
20110505.jpg
photo by wild wile


遅くなりましたが、去る5月5日に行ったチャリティーライブ、無事に終了いたしました。お越しいただいた多くのお客様、関係者各位に改めて感謝いたします。

予約制という形をとらなかったため、当日蓋を開けるまでどのくらいの方に来ていただけるのか正直分かりませんでしたが、最終的な来場者数は92名、関係者も含めると110名となりました。

今回のイベントでは義援金として、10万9千500円を積み立てることができました。皆様のご協力に感謝いたします。上記の義援金につきましては、今後用途を検討しつつ、速やかに被災地支援に役立てたいと思います。こちらも報告は追って行います。

震災当日に中止となってしまったイベントを、こうした形で再演することができ、とても満足しています。企画自体や演奏、プログラムなど、まだまだ改善点はとても多いですが、皆様の変わらぬご支援をいただきながら、よりよいものを作っていきたいと思っています。

最後になりますが、今回のイベント企画を立案してくださった、蒲田アカデミアの中西様、そして企画に賛同いただき協力いただいた、THE MUSIC PLANT,Irish Network Japan,アイルランド政府観光庁,おおしまゆたか様、ピーターバラカン様に感謝いたします。また熱演で企画を盛り上げてくれた出演者の皆様、どうもありがとうございました。

▲TOP
深川芸術祭 in John John Festival!!
明日4/28は清澄白河のそら庵で深川芸術祭!! John John Festival出演。久々のワンマンライブです。

ゲストは深川芸術祭の仕掛け人で、ピアノ奏者の岡野勇仁さん。全くリハなしで望みます。憎たらしいくらい即興であわせてくる勇仁さんをどれだけ困らせれるかが密かなモチベーション。

ライブ詳細よりも打ち上げの方が先に決まっていたような今回のライブ。気持ちよく打ち上げしたいので、ライブ頑張ります。

ちなみにそら庵は隅田川のほとりにあります。ちょっとライブ前に時間をとって川沿いを散歩してみるといいと思いますよ。夕暮れ時とか最高だろうなあ。

4/28(木) John John Festival@清澄白河 そら庵

《深川芸術祭》
open 18:00 / start 19:00
¥2500(1drink付)
【出演】
John John Festival(john*, annie, toshi+田嶋ともすけ)
guest:岡野勇仁(piano)
▲TOP
いわきに行ってきました
尺八の神永大輔、民謡歌手の若狭さち&John John Festivalで福島県いわき市に行ってきました。当初福島に行くということで、みがまえていた部分もありましたが、蓋を開けてみればいつも通り以上の楽しいツアーでした。2日間だけだったけど、ずいぶん濃く長く感じました。

いわきは神永君の実家があります。僕の大学の唯一の友人も住んでいて、いわきには一度足を運んだことがあります。その時と比べると駅前はとても綺麗になっていて、新しいショッピングセンターも出来ていました。行ったのは日曜日でしたが、やや閑散としている印象でした。

今回訪れて感じたのが、まず福島と一言で言ってもとても広く、いわき、会津、郡山など各地域によって気候風土や文化が異なるということです。たとえば、会津の方は雪深くても、いわきは雪が積もらないとか、方言が違うとか、店の呼び方も違うとか。いわきの人はいわき、会津の人は会津のアイデンティティがあります。

今回ぼくらが訪れたのはいわきなんだな、という意識をハッキリもちました。同時に、福島ということで一括りにしていて、そのために色々細部が見えにくくなっている、という印象も持ちました。ライブハウスで会った、ハワイアンバンドのみなさんが口を揃えて「いわきは風評で困ってるんだ。放射能放射能っていうけど、実はそんなに高い数値じゃないんだよ。でもみんな怖がって来ないんだよね」と言っていました。風向きなどもあって、いわきを通り越して千葉や関東のほうに流れて行っているのにね、とのこと。

確かに街中を歩いている人も、マスクをしている人はあんまりいませんでした。用心で子供にはマスクをつけさせていたり、部屋干ししていたり、水をストックしていたりするけど、それはやはり見えないものだから、ということなんでしょう。放射能のような眼に見えないものに対する予防策として、気持ちをポジティブに保つということ。少なくともお会いしたいわきの人たちは皆明るかったのがとても元気付けられました。

避難所も1箇所回りました。湯本第二中学校というところで、今は40名ほどが避難している場所です。普通に中学校の授業も行っていて、避難されている方と授業を平行してやっているようでした。案内や説明してくれた教頭の松本仁志先生が、被災したときから今に至るまで、皆さんをまとめて元気に立て直そうとしているのが伝わってきました。困ったときこそ助け合い、そして強いリーダーシップと組織作りが必要です。幸いこの学校はそれがうまく機能していて、雰囲気も明るかったです。松本先生が避難されている方を紹介する中で「あの話、してもいいよね? 明るく話そうね」と、ポジティブにもっていこうとする努力が胸に沁みました。

平穏をとりもどしつつあり、また人々が明るかったので忘れそうになりましたが、いわきも津波の被害が大きいところです。帰り際、津波が来た場所をみてきましたが、慄然としました。何もない場所に、前に家があったと言われた瞬間は怖かったです。

避難所での演奏の最後に、生徒会長の子が挨拶してくれて「僕らがいわきを復興していきます」と言っていた言葉の余韻が今でも残っています。こういうときだからこそ頑張って、マイナスに振れたエネルギー分、プラスに還元することができればと思います。今回いわきに行き、いわきは大丈夫だ、と強く感じました。


▲TOP
TOKYO IRISH COMPANY チャリティーライブのご案内
5/5こどもの日に、TOKYO IRISH COMPANY企画のチャリティーライブを行います。

3/11当日に予定していたライブが流れてしまった時、悔しさでいっぱいでした。何らかの形で直ぐに再演したいという思いがある中で、チャリティーライブという形を思いつきました。このイベントを企画することが、今回の地震に対し起こせるささやかなアクションになると思いました。場所については、企画の性質上蒲田教会をお借りするのが相応しいと思いましたが、奇しくも同じタイミングで教会サイドからチャリティーライブの打診を受け、すんなり開催の運びとなりました。

当日はこの日でしか見れないプログラムでお届けします。現在都内で鋭意活動中の国産アイリッシュバンド”生梅””tricolor””John John Festival”3バンド合同ユニットで演目を披露します。また、京都から新アルバムを引っさげ、Drakskipも参加してくれます。

ライブ後はセッションも予定していますので、楽器をもちよってお越しください。またTHE MUSCI PLANTによるレアCD、中古CDの販売も行われます。飲み物や軽食の提供も予定しています。

是非皆様、こぞってお越しください。精一杯の音楽をお届けします。

問合せ:tokyoirishcompany@gmail.com(本岡)


55jpeg.jpg



▲TOP
John John Festival春ツアー終了、初夏ツアーもします
トシです。よくみたらブログの更新大分ご無沙汰していました。すいません。せめてライブのお知らせとライブの感想くらいはキチンとしなきゃですね。こんな時期だからとはいいわけにはならない。

IMG_2198.jpg


先日までJohn John Festivalのツアーで関西に行っていました。11日間に及ぶ長期ツアーでしたが、体調を崩すこともなく、気落ちすることもあまりなく、大変楽しいツアーでした。同行メンバーの朗らかさ、受け入れしてくれた友人たちのサポートが大きかったと思います。改めて関係者みんなに御礼を申し上げます。ツアー周ってみて、このバンドはやっぱりツアー向きだなあと思いました。行く先々での交流が確実にプラスに上積みされていく感じでした。俺一人だとちょっと無理だな。箱に入ってしまいがち。

写真や映像はメンバーの方々がいっぱい撮りためていたようなので、こちらではオフショットを幾つかだけ。

IMG_2166.jpg

IMG_2196.jpg

IMG_2169.jpg




そしてJohn John Festivalはまたツアーに出かけます。今度は半分くらいの日程ですが、草津軽井沢八ヶ岳を回ります。保養も兼ねてます。GW中、もし予定がないよー、という人がいたら、一緒にどうですか? ホテルでの演奏もあるので、宿泊もできますよ。例年に比べて結構空いているようなので、狙い目かもしれません。どの場所も素敵です。そして草津の泉質は抜群!!

John John Festival 2011初夏
「では皆様、温泉に行きましょう」ツアー

花見の後は温泉へ、そして高原へ。

John John Festival、保養も兼ねて温泉に行きます。
お近くの方是非お誘い合わせの上お越しください。
連休中なので、一緒にツアー周りもどうですか?


5/1(日昼) 
14:00~、15:30~ 2ステージ
投げ銭

5/2(月昼)
12:00~、13:30~ 2ステージ
投げ銭

群馬中之条 tsumuji
http://tsu-mu-ji.com/

*草津温泉に程近い中之条の新しいアート発信スペースtsumujiにて
2日間野外ライブを行います。お近くの方是非お越しください。


5/2(月夜)
群馬草津 中沢ヴィレッジ
http://0932.jp/
20:00~ 
ロビーライブ(無料)

*草津温泉街のホテル中沢ヴィレッジにてロビーコンサートを行います。
宿泊客以外の観覧もOKです。是非温泉に入りがてらお越しください。
草津温泉は抜群の泉質です。とても強力!! お肌すーうべすべ。

5/3(火祝昼)
軽井沢 麦小舎
http://www.mugikoya.com
13:00オープン 13:30スタート
料金 2500円(ドリンク込)

*浅間山のふもとにある小さなブックカフェ麦小舎さんで
ライブをいたします。天気がよければお外でやりますよ。
ゆったりした時間と景色を、コーヒーと本と音楽でお楽しみください。

5/3(火祝夜)
軽井沢 サァラ軽井沢ホテル
http://www.salahotels.com/karuizawa/
20:00スタート 1575円(ドリンク付)

*サァラ軽井沢ホテルでの演奏会です。
予約制ではないので、お席は先着順でのご案内となります。
ご宿泊も兼ねてごゆっくり滞在されるのをお勧めします。

5/4(水祝昼)
諏訪郡富士見町 エンジェル家ホームコンサート
14:30オープン 15:00スタート
料金 1500円(お茶とお菓子つき)

住所 長野県諏訪郡富士見町木ノ町6917-2
予約問合せ 0266-62-5458(エンジェル京子) 

*ツアーの締めくくりはなんと八ヶ岳を臨む家でのホームコンサート。
地元でも有名!?なエンジェル家での演奏会です。
お外の人も大歓迎とのこと。普段のライブとは一味違う、
アイリッシュならではの文字通りアットホームライブをお楽しみに!!

▲TOP
ライブ中止のお知らせ
まず今回の震災で被災された方、亡くなられたに哀悼の意を表します。


トシです。風邪をひいて寝ていました。緊張感が切れたのかな。

震災当日は丁度出演者全員で代々木公園でリハをしていました。その後皆で移動しながら、会場の青山CAYで待機し、イベントの中止報告を受けて、しばらく後帰宅しました。異常事態でしたが、特に混乱もなく平静でいられたのも、皆と一緒にいたという安心感や、CAYの方の励ましがあったからだと思います。ツイッターなどで、お声寄せてくださった方も、本当にありがとうございます。

残念ながら、本日13日に予定していた渋谷ギャラリーでの演奏も中止になりました。楽しみにしてくださった方、申し訳ありません。取り急ぎ。


しかし悔しい。何かやってやろうという気持ちにフツフツなってます。企画します。

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。