トシバウロンblog
バウロン奏者「トシバウロン」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
下村よう子のこと
今度佐賀ツアーに行くにあたって歌を仕込もう(実際には一緒にいく仲間に歌ってもらおう)と思い、久しぶりに歌詞をひっぱりだしてきたのが、「古い映画の話」という歌。もともと、京都のバンド薄花葉っぱの下村よう子に歌ってもらおうと思って作詞したのがきっかけ。原曲は「Easy and Slow」という歌で、これは京都在住のイギリス人フェリシティに教えてもらった。

よう子さんと薄花のみんながアレンジしたことによって歌は劇的に変った。作詞した時点ではちょっと曖昧だったイメージが、歌によって大分クリアになった気がする。歌いこまれていくことで物語に深みが出てくるといいなと思う。先々で「あの歌好きです」といわれると作った冥利がする。のみ亭のやっちゃんに褒められたときは本当に嬉しかった。こないだの神戸でもお客さんに褒められたし。

さて、その下村よう子だけど、12月に東京きます。また二人で西荻窪ののみ亭でライブします。あの小汚い歌帳を引っ張り出してきて、どれ歌おうこれ歌おうとかやるんだ。段々興に乗ってきて、調子も出てきて、色っぽさや迫力や凄みみたいなんが付いて廻る。歌の思い出なんかをかなり細部まで語ってくれるよう子さんの物語は、登場人物たちが凄く身近に感じられ、聴いている自分もよう子さんの世界の登場人物になった気がして悪くない。そんな下村よう子の歌の世界に浸りに来て下さい。

参考動画載せておきます。名曲かりきりんの「あしあと」と薄花葉っぱの「鳥の歌」




スポンサーサイト
▲TOP
年末までのライブ予定
トシです。過去に遡って日記を書くのはやめました。時間のスピードに怠惰な感性がついていかず、徐々に熱がさめ箇条書きになってしまうので。今後はライブ後になるべく感想つけるよう努力します。

さて、バタバタと年末までの予定をアップしました。ライブあり、セッションあり、アイリッシュあり、アフリカン、モンゴル、歌ものあり、と様々です。平日にライブしたりもします。京都からミュージシャンきたりもします。都合があえばどこかふらりと見に来てね。

やろうやろうと思ってることのひとつに、メルマガ作成があります。あとアンケート作成。どっちも年末までに準備して、年明けからスタートしよう。こないだSOZOROのシン君がアンケートやチラシをしっかりまとめて準備しているのをみてて、ああこれだよなー、と思いました。どうにもライブをブッキングしたら熱意が急に冷めて、あとは人任せ的な所がある。よくないよなー。反省しよう。

部屋でタイプしてると、時折画面がチカチカします。すぐ後ろを走っている中央線の車窓の光が反射して、部屋に飛び込んでくるのです。眩しいけど、休日感を味わう一瞬です。休日感といえば、久しぶりに料理を作りました。クリームシチュー。鶏肉、タマネギ、人参、さつまいも、かぼちゃ、シメジ、ブロッコリーなど具材を出来る限り一杯入れて色合いをよくすると、作った時点でかなり満足感があります。でも作った時点で満足してしまうのって、先のブッキングの話に通じるなー。気をつけよう。
▲TOP
ライブ総括 その2
10月23日 岡林立哉&岡大介

ホーミーと馬頭琴の岡林さん。東京に来たときはいつもウチに泊まってくれて、酒飲みながら色々話したりします。今回も3日くらい一緒にいたかな。ライブの感想より、家の近くの飲み屋に一緒に行って飲んでるときの方が印象に残ってます。立ち去り際一曲披露してったときの岡林さん、かっこよかったねー。あれでまた新しいファンがつくんだろうなあ。アイリッシュも一緒になんかやってみたいですね。馬頭琴とエアーはきっと合うよ。

10月18日 ちみん

ちみんが東京を引き払うということで、ライブ納めの一環で阿佐ヶ谷マッドでライブ。打ち合せなしで、おまけにちみんの歌は小さい音はとことん小さいので、かなり気をつかうけど、ビビってるとたいした事も出来ないので、その按配をとりながらやる。客観的な評価が出来ないのが残念やけど、ちみんにもお客さんにも褒めてもらったからよしとする。ちみんは空気を掴むような歌い方をする。ああいうのはライブに来ないとわからないよなー。ところで、強引にゲストで入ってもらった熊坂るつこも凄かった。なんも曲知らないのによくもまああれだけ勇気をもってやれるよなー。見習おう。

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。