トシバウロンblog
バウロン奏者「トシバウロン」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ハモニカクリームズ~触感の研究~絶賛展開中!!
WEB用


WEB用2

ハモニカクリームズのトシです。いやービックリ。こんなにデッカイなんて。発売日、新宿のタワーレコード行ったんですが、こんなことにはなってなかったですよ。時差かなあ? しかし、デカいですね。しかも新宿店。これは嬉しいですねー。多分、ショップに行かれる方最近少ないんじゃないかと思いますが、是非これは冷やかしでもいいので見に行ってみてください。

新宿ほどではないけど、タワー渋谷、HMVルミネ池袋、JEUGIA京都三条、タワー難波、タワー福岡、タワー札幌ビヴォでも結構大きめに展開されているとか。でもポップのCDタイトルが間違ってます。悪しからず。だれも回文のタイトルなんてつけてないんで。

WEB.jpg


ハモニカクリームズほどではないけど、去年リリースされた日本人バンドは軒並み評価が高く、全て面置きされて展開されています。これもいい傾向。シーンに注目が集まるきっかけになるといいですよね。今年は更にリリースが続くので、ひょっとしたらコーナー展開も夢じゃない!?かも。インストアなんかもどんどんやったりしてね。店内アイリッシュフェス、みたいな。どうですかね?

スポンサーサイト
▲TOP
Marie祭りagain
marie祭り

トシです。1/25は南青山のMANDALAでMarie祭りにJohn John Festival5人編成で出演してきました。Marieさんは去年の夏、僕抜きのJohn John Festivalが楽しい思い出を過ごしたイベントの主催です。それはもう楽しかったらしく、ジョンやアニーから散々思い出の写真やら出来事を聞かせてもらいましたよ。

そんな楽しい記憶をもう一度ということで企画されたこのイベント。いやあ色々刺激的なことが多かったです。ガリバーさんのチャラそうで実は超まじめで変なMCとかホント聞いてたとおりだったし、周りのバンドメンバーの人も面白かった。Marieさんは言うに及ばず、というか物凄いバイタリティーですよね。なんか色んなことを同時にこなしていけるのが見てて驚異的だった。俺ならテンパるなあ、と思ったり。しかし共演曲楽しかったなー。今度は共演用にもう1ステージ設けてやりたいです。

ジョンジョンフェスティバルはいつも通りはっちゃけましたよ。なんかはっちゃけ過ぎて15分近く押してたそうですが、どうも予想範囲内みたいだったみたいです。ご迷惑おかけしました。

終焉後じっと待って並んでCDを買っていってくれた皆様、ありがとうございました。

John John Festivalは次回は2月です。岡大介君と共演します。日曜昼なんで、ふらりと来てください。
▲TOP
ショーキーと有花さんのアイリッシュセッション
web用

トシです。ブラウザを、最近宣伝しているクロームに変えました。速くなるといいな。でもならないです。だって、マイコンの容量いっぱいだから。

さて、先週の土日のセッションのお話から。先週土日は久しぶりにセッションが2DAYS続きました。京都からフィドル&アコーディオン歌のショーキー姉さんが来ていたので。ショーキーは基本的にアイリッシュあんまりやらないので、チューンもそんなに知りません。

でも、そんなショーキーをいつも誘うのは彼女が基本的に素晴らしいミュージシャンだから。素晴らしいですよ、ホントに。今回はそのショーキーマジックがこれでもか、と炸裂したセッションになりました。それは後ほど。

でも一人だと不安がるので今回はエスコート役で有花さんにお願いしました。これがバッチリ。アイリッシュは知らない、曲もあんまり思い出せない、出だしがわからない、というショーキーをやさしく時にしっかりフォローしながら導く様が素晴らしい。やっぱり組み合わせってあるよなあ。

初日は阿佐ヶ谷MAD HOG KITCHEN。久しぶりでした。この日は飛び入りでbaobabのマイカさんも入ってくれて。それも嬉しかった。遠方より友きたる、です。セッションの醍醐味ですな。かなりバンドメンバーが揃っていたので、色々持ちネタを披露したりして楽しくやりました。

そして二日目西荻窪のみ亭。お店はそのマスターの人柄が出るといわれますが、のみ亭ほどそれを感じさせる店も珍しいかも。そして、ここでやるセッションは殊の外盛り上がります。この日も凄かった。最初お客さんが誰もいなくて、どうしよっかーなんて言っていたのに、ぽつぽつと一人、二人とやってきて、最後は結構満席状態でしたね。それも良かったけど、結局5時間弾いてたんですよね。だって、アンコールやっても、また新しいお客さんがやってきて、それからどんどん曲をリクエストして、という流れだったので。中盤にきたお客さんが凄かった。「今、僕ふられてきちゃったの」とか言ってた禿げのエロ親父。「トシさんそっくりですよ」と長尾さんに言われたのは心外ですね、似てる気はうすうすしてたけど。

その親父、ショーキーにリクエストしては、いいねーといいながら、のみ亭に金を借りて、それを一枚づつぼくらに配ってはまたリクエストして、というのを3回繰り返してました。人に金借りておごる人は初めてみました。「お札がトランプみたいだったね」とショーキー。そんなショーキーは20曲くらい歌ってたなあ。ガラスの喉なのに。そして長尾さんや有花さんもいっぱい弾き倒していた。本当に楽しいセッションでした。またショーキーがきたらやります。是非遊びに来てください。

そして今週末はやはり京都からフィドルのともこちゃんが来ますよー。京都尽くし。29日は武蔵小杉のマキャンズでセッションがあるようです。遊びにいくといいと思います。
▲TOP
John John Festival@南青山 MANDALA"第3回Marie祭り-again-"
そして最後は画像なしでお知らせ。

1/25日(火)にJohn John Festivalのライブがあります。

これは昨年群馬のドイツ村でお世話になったMarieさん企画のライブ。残念ながら僕はそのライブに参加できなかったんですが、参加したjohn*,annie,トモスケがこぞって去年の思い出No1ライブにあげていたやつです。ちぇ。

ライブハウス系の寄せ集めイベントとは全く違いますよ。共演もやります。場所もいいですよ。大理石フロアのMANDALAでライブすることなんてそうそうないですから。

そしてこのライブは昨年ツアーを経てきた5人編成のライブの集大成になります。培ってきたものを出し切ります。

平日で、寒いところ恐縮ですが是非見に来てください。確実に興奮の坩堝へいざないます。


1/25(火)John John Festival@南青山 MANDALA"第3回Marie祭り-again-"
開場18:30 開始19:00
料金3500円(1ドリンク付き)
問合03-5474-0411
出演
John John Festival
john* vocal,fiddle
annie vocal,guitar
toshi bodhran,percussion
support
熊坂るつこ accordion
田嶋トモスケ drums

宇田川"GULLIVER"哲男 
Marie (Vo,Key)
▲TOP
ハモニカクリームズ CD発売!!
ハモクリジャケ表


そして次のお知らせは。

1/23日にHarmonica CreamsのCDが発売されます!!!!!!!!

といっても夏に自主制作で既に販売していますが、今回流通盤ということで装いも新たになりました。更にイカしたジャケットになっとりますよ。デザイン by D-13202

発売に当たって、幾つかの雑誌にレビューが掲載されています。もしお近くの大型書店に行かれた際にはチェックしてみてください。

1:CDジャーナル2月号(1月20日発売)にレビューが掲載されています。

2:ラティーナの最新号2011年1月号の2010年年間ベスト特集(ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートが表紙)でおおしまゆたかさんがハモニカクリームズを挙げてくれています。

3:アコースティックギターマガジン1/27売り号にレビューが掲載されます。


おおしまさんのベスト10は恐縮ですね。推薦、というより叱咤と受け取りました。これをもとに世界と向き合います。さ、英語のプロフィール資料作るぞ。英語のガリ勉している母に翻訳を頼んだら拒否されました。忙しいらしい。

そして、23日は発売日なので、全国、といいたいところですが、どうでしょうかね。少なくとも渋谷新宿のタワレコには面置きされることは聞いていますが。お近くのショップになければ、問い合わせしてみてください。

▲TOP
ショーキーと有花さんのアイリッシュセッション
ショーキーと有花

はい、トシです。更新が滞っていましたが、今日はいっぱい更新しますよ。

まず今週末京都からフィドル、アコーディオン、そして歌のおねえさん、ショーキーが来ますよ。トシバウロン一押し。みんな超好きショーキーの音楽を是非間近で聴いてみてください。そんなショーキーをエスコートするのは、みんなのお花、フィドル、コンサーティーナの有花さんです。今、彼女のバンド「トリコロール」がCD発売を控えていて大忙しの中、二日間たっぷり演奏してくれますよー。

初日は阿佐ヶ谷Mad Hog Kitchenでのセッション。この日はフィドル、歌のjohn*とギターのannieも来てくれます。そして更にもっとゲストがくる、かも。賑やかになること間違いなし。お店そんな広くないので、キュウキュウしながらきいてもらう感じかも。

二日目は西荻窪のみ亭でのセッション。この日はギター長尾晃司が来てくれます。やっぱり小さなお店。キュウキュウになりながらきいてください。この日も飛び入りゲストの予感。セッションなのでゆるゆるやっていきます。ふらりときてくれたお客さん歓迎です。

▲TOP
あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

正月明けて旅行に行ってきました。関西抜けて大分へ。去年タイバンしたバオバブの実家、山香のカテリーナ音楽研究所へ。丁度9日から工房を増築するタイミングだったみたいでバタバタしてる中転がり込みましたが、いやー行ってよかった。中々旅行では古民家解体には立ち会えません。

着いて早々、工房用の資材を調達する目的で、解体前の古民家に行くとのことで、ついて行きました。去年まで住んでいたお宅で、まだ生活用品が残っている中、選別しながらものを運び、「あの模様可愛い~、このデザイン可愛い~」とかいいながら、戸板やら窓やら金具やらを引き剥がしてました。研究所所長のコウハク先生は仕事柄、材木関係にも目がいくようで「あれは完全に乾燥して理想的な状態だよ。買ったら5万はするね」とかいいながら、和室の格子の枠を引き剥がしてました。



そう、カテリーナ音楽研究所は古楽器や竹製楽器を作っています。ほとんど納品してしまってあんまり残っていないけど、といいながらビオラダガンバやリュートをみせてもらいました。古楽器は胴鳴りがよく、響きます。出音は比較的小さいみたいだけど、響きがいいので、弾いたり聴いたりするのが気持ちいいです。特にガンバは使える! 万能奏者のアニーにでもマスターしてもらいましょう。

個人的にはオリジナル楽器の竹線が気に入ってずっと弾いてました。構造は三線と似ていてとても軽く響きがいい。思わず衝動買いしそうになりましたが、正月早々自制がききました。夢に出るようになったら買います。

カテリーナでは竹製楽器を作っている関係で、竹素材もふんだんにあるようで、ティッパーのオーダーメイドもしてきました。考えてみれば一番主に使っているティッパーはもう10年以上になり、所々折れたり磨り減ったりしていて、もう引退したいんだけど、という声がたまに聞こえます。そんなティッパーを讃えてもらいながら、新しいティッパーの設計図を打ち合わせしてきました。昔、北アイルランドに工房を訪ねていって相談した記憶が蘇ります。あの時と同じ感覚。これから何か劇的に伸びる気がする。

チーム山香の人達と呑んだり喋ったりしながら、今年の抱負も形になり、収穫の多い旅になりました。松本家の皆さん、シンゴちゃん、ゆうさん、ありがとね。

カテリーナ音楽研究所は、工房が4月頃完成の予定。そして、バオバブはその後東京ツアーを予定していて、5/9には凱旋もかねて地元山香での主催音楽祭"sing bird"コンサートが開かれる予定のようです。行きたいなー。行こうかな。
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。