トシバウロンblog
バウロン奏者「トシバウロン」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
the irish night 2nd&レコーディング
4/10土曜日

今週は花見納めで、広尾で花見セッションしてました。
100人くらい集まった花見客から拍手喝采頂戴しました。気持ちイイー。
あとでお隣さんから食べ物ののおすそ分けもらったり。嬉しいー。
花見は最高。セッションも最高です。毎日したい。

夜は渋谷SUNDALAND CAFEでirish night 2ndをやってきました。
今回の企画はirish×latin。ということでcopa salvoのパーカッション
佐藤太志朗さんにゲストに入ってもらいました。
凄い空気読んでもらいながら、でもしっかり絡んでもらってよかった。
ありがとう太志朗! 音量差さえクリアすれば、もっと色々遊べそうです。
途中飛び入りゲストもあり、なかなか楽しい展開に。
あんなにツボに入って笑ってたサムを初めてみた! 凄かった。
大渕さんとジョンちゃんのフィドルDUOもかなりよかった。
お店からプチンやらラムやらの差し入れもあり、結構酔っ払いましたね。
あんだけ酔ってるジョンちゃんみたのも初めてだったなあ。

4/13火曜日

この日はいつもお世話になってる北千住コズミックソウルをお借りして録音。
現在進行中の企画で、ゲストボーカルを招いてジョンジョンフェスティバル録音。
ゲストボーカルはおおたか静流さん。個人的には一番最初にCDを聴き始めた頃、
FF4のイメージCDに収録されていたRoaming Sheepという歌を、歌い手さんが
おおたかさんだと知らずに、エンドレスで聴いてたことがありました。
思えば、あの歌声はファンタジーの世界観をしっかり体現していたんだよなあ。

録音は準備段階から始まってかなり集中していたので、とてもよい環境だった!
録音したのは「古い映画の話」という歌。昔、京都で一緒にやっていたイギリス人の
フェリシティからトラッドの歌を教わって、薄花葉っぱのよう子さんと一緒にやる時に
日本語の詞を書き下ろした歌です。録音するに当たって、おおたかさんに歌の意味を
訊かれたりして、久しぶりにしっかり向き合った感がありました。

録音の手ごたえは凄くよかった。おおたかさんがリハで歌い始めたとき、
背中がゾクゾクきました。ああ、おおたかさんに頼んでよかったなあ、と思いました。
1回やって、2回目にOKテイクがとれて。さらに3回目に、あんまり外に出さずに
内側に込めるような含蓄をテーマに臨んで。それが凄くよかった。
前日にスピリッツでmoonを読んでて、それをテーマに行くぞ、と思ってたけど、
そういう風に出来た気がする。「よくここまでいけましたね」みたいな感じで
おおたかさんにも言ってもらえたし。ジョンちゃんやアーニーとの呼吸もばっちりだった。
「ヘッドホンもモニターもないのは初めて」だとおおたかさんは言ってた。
その方が生感があって俺は好きだなと思いました。あとはミックス、マスターを待つのみ。

協力してくれたコズミックのコウヂさんまっちゃん、差し入れしてくれたお母さん、
エンジニアのおじいちゃん、カメラの風子ちゃん、サム、平田さん、ありがとうございました。
ジョンちゃん、アーニー、お疲れ様。おおたかさん、どうもありがとうございました。

企画は近日発表します。お楽しみに!


そして明日15日は今年初のナギィです。今年のナギィはコツコツ練習して、いいライブします。
初ライブはゲスト入り。工藤桂君が参加です。お楽しみに。場所は吉祥寺のアムリタ食堂。
食事がおいしいです。食事しに来るのもよし、ライブをガッツリ見に来るのもよしです。
スポンサーサイト

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。