トシバウロンblog
バウロン奏者「トシバウロン」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ショーキーと有花さんのアイリッシュセッション
web用

トシです。ブラウザを、最近宣伝しているクロームに変えました。速くなるといいな。でもならないです。だって、マイコンの容量いっぱいだから。

さて、先週の土日のセッションのお話から。先週土日は久しぶりにセッションが2DAYS続きました。京都からフィドル&アコーディオン歌のショーキー姉さんが来ていたので。ショーキーは基本的にアイリッシュあんまりやらないので、チューンもそんなに知りません。

でも、そんなショーキーをいつも誘うのは彼女が基本的に素晴らしいミュージシャンだから。素晴らしいですよ、ホントに。今回はそのショーキーマジックがこれでもか、と炸裂したセッションになりました。それは後ほど。

でも一人だと不安がるので今回はエスコート役で有花さんにお願いしました。これがバッチリ。アイリッシュは知らない、曲もあんまり思い出せない、出だしがわからない、というショーキーをやさしく時にしっかりフォローしながら導く様が素晴らしい。やっぱり組み合わせってあるよなあ。

初日は阿佐ヶ谷MAD HOG KITCHEN。久しぶりでした。この日は飛び入りでbaobabのマイカさんも入ってくれて。それも嬉しかった。遠方より友きたる、です。セッションの醍醐味ですな。かなりバンドメンバーが揃っていたので、色々持ちネタを披露したりして楽しくやりました。

そして二日目西荻窪のみ亭。お店はそのマスターの人柄が出るといわれますが、のみ亭ほどそれを感じさせる店も珍しいかも。そして、ここでやるセッションは殊の外盛り上がります。この日も凄かった。最初お客さんが誰もいなくて、どうしよっかーなんて言っていたのに、ぽつぽつと一人、二人とやってきて、最後は結構満席状態でしたね。それも良かったけど、結局5時間弾いてたんですよね。だって、アンコールやっても、また新しいお客さんがやってきて、それからどんどん曲をリクエストして、という流れだったので。中盤にきたお客さんが凄かった。「今、僕ふられてきちゃったの」とか言ってた禿げのエロ親父。「トシさんそっくりですよ」と長尾さんに言われたのは心外ですね、似てる気はうすうすしてたけど。

その親父、ショーキーにリクエストしては、いいねーといいながら、のみ亭に金を借りて、それを一枚づつぼくらに配ってはまたリクエストして、というのを3回繰り返してました。人に金借りておごる人は初めてみました。「お札がトランプみたいだったね」とショーキー。そんなショーキーは20曲くらい歌ってたなあ。ガラスの喉なのに。そして長尾さんや有花さんもいっぱい弾き倒していた。本当に楽しいセッションでした。またショーキーがきたらやります。是非遊びに来てください。

そして今週末はやはり京都からフィドルのともこちゃんが来ますよー。京都尽くし。29日は武蔵小杉のマキャンズでセッションがあるようです。遊びにいくといいと思います。
スポンサーサイト

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。