トシバウロンblog
バウロン奏者「トシバウロン」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ハモニカクリームズ、清野美土雑感
senjyu.jpg

トシです。雨降りの日が続きますね。台風来るらしいけど。

先週末はハモニカクリームズ2連荘と岡バンドでした。
初日は北千住。雨あがり待ちのみなさんです。
奥から、清野美土、熊坂路得子、長尾晃司、シマカワコウヂ、
岡大介、Yoshitoo、です。愛子様は御遅刻。

ハモニカクリームズは先週で最後。夏が終わったー、という感じです。
今年の夏一番燃えたバンドでした。清野美土のリーダーシップが凄かった。
バンドはメンバーはもとよりリーダーの個性が出るというけど、
今回はそれをかなり実感しました。

美土からは短期間でかなり一杯色んなことを学びました。
音楽的な部分もでかいし、それに付随するものもでかい。
ああプロだなあ、と何度も思いました。

エピソードは一杯あるので、上げればきりがないんだけど、
例えば今回のラストライブ、日ノ出町・屯茶屋でのこと。
盛り上がりに盛り上がりを重ねて、アンコール3曲目のこと。
ふと外をみると警察が来てて、お店の人になんか言ってる。
店長のマナブさんが美土に「これで終わりにしてくれ」的な
合図を送っている。それをみて、自分の中では普通に
「じゃあ次の小節で終わりにしよう」と考えてました。
まあ美土もそうするだろうなー、と思ってたんですが、
ところが美土は全く終わらず、寧ろその後も盛り上げまくって、
かなり奥まで奥まで突っ込んでいきました。

「俺らは今盛り上がってんだ。邪魔すんな! これが終わるまで待ってろ」
的なメッセージが確実に入ってましたね。この辺の気概が凄い。
(実際にパリでは何度も警察と戦ってるから、慣れっことか言ってた)
こういうところは音にも出ます。初っ端の一音のデカさはこの辺から来てます。

勉強になりました。ありがとう美土。来年またやるのが楽しみです。

スポンサーサイト

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。