トシバウロンblog
バウロン奏者「トシバウロン」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
2/12 工藤桂トリオライブの気構え


としです。初雪だ。寒いですね。明日吉祥寺でバスキングをすることになっているんだけど、大丈夫かな。

ここ2日ほどレコーディングに参加してました。なかなかいい仕上がりです。ミックス楽しみ。またご報告します。

さて、明日は工藤桂トリオ。歌とギターの工藤桂とアコーディオンの熊坂るつことのトリオです。このトリオ編成でやってきてどの位か、もう2年目になりますか。相変わらずグルーヴは手探りだけど、和気藹々、楽しくやっています。

でも、明日は楽しさとか全部取っ払ってやります。一切後悔なくやりきる。桂君の歌にどれだけのめり込んで、どれだけ引き出せるか。これで終わりで一切構わない。そんな気構えで臨みます。最近こういう背水の陣をひくことがなかった。

気構えを書き連ねてどれだけの人が来てくれるかはわかりませんが、まだみたことがなかったという人は是非来てください。

2/12(土)岡野勇仁プレゼンツライブ 工藤桂トリオ@二子玉川 パーライラ
19:00オープン 20:00スタート 投げ銭
(別途席料500円+1オーダー)

出演
工藤桂トリオ
工藤桂:歌、ギター
熊坂るつこ:アコーディオン
トシバウロン:バウロン

岡野勇仁バンド
▲TOP
スパン子と本のlete
index_r1_c1.gif

ちょっと先のお知らせ。

去年ハモニカクリームズでご一緒した縁で、スパン子さんの企画イベントに誘ってもらいました。

[スパン子と本のlete]
詳しくはこちら

原作は熊坂義人兄さんで、4つの短編を元にステージ、ライブが構成されている。
場所は下北沢lete。僕はその3番目 3/27(日)の”土と布”の回に出演します。
美術の園原さんも入って、ステージが一から作られる。
こういう企画やりたかったんだよなー、と常々思っていたので、
こういう企画をやってしまうスパン子さんが羨ましくもあり、
誘ってもらって嬉しい超ラッキー、な感じもあります。

お話をもらったのは随分前で、それからずっと頭の隅にこの企画があります。
正直、想像がつかないけど、楽しそうだなあという漠然とした期待感、
そして、俺一人なんだなあ、という気の引き締まりもあります。

考えてみれば、ピンで他の人と向き合ってライブするのって超久しぶり。
「ソロもあるから」というぶっきらぼうなご提案もいただき、
今からソロを一曲仕込んでみよう、という気になっています、珍しく。
そもそもライブ全体がどんな構成なのか分からないけど、
まあ、訊こうと思えば訊けるけど、そこは敢えて訊かずに
このドキドキ感を膨らませてのぞむことにします。

ということで、トシバウロン単体に興味がある奇特な方、
また、スパン子さんのこの素敵な連作企画を体感したい方は是非3/27に。


▲TOP
John John Festival@南青山 MANDALA"第3回Marie祭り-again-"
そして最後は画像なしでお知らせ。

1/25日(火)にJohn John Festivalのライブがあります。

これは昨年群馬のドイツ村でお世話になったMarieさん企画のライブ。残念ながら僕はそのライブに参加できなかったんですが、参加したjohn*,annie,トモスケがこぞって去年の思い出No1ライブにあげていたやつです。ちぇ。

ライブハウス系の寄せ集めイベントとは全く違いますよ。共演もやります。場所もいいですよ。大理石フロアのMANDALAでライブすることなんてそうそうないですから。

そしてこのライブは昨年ツアーを経てきた5人編成のライブの集大成になります。培ってきたものを出し切ります。

平日で、寒いところ恐縮ですが是非見に来てください。確実に興奮の坩堝へいざないます。


1/25(火)John John Festival@南青山 MANDALA"第3回Marie祭り-again-"
開場18:30 開始19:00
料金3500円(1ドリンク付き)
問合03-5474-0411
出演
John John Festival
john* vocal,fiddle
annie vocal,guitar
toshi bodhran,percussion
support
熊坂るつこ accordion
田嶋トモスケ drums

宇田川"GULLIVER"哲男 
Marie (Vo,Key)
▲TOP
ハモニカクリームズ CD発売!!
ハモクリジャケ表


そして次のお知らせは。

1/23日にHarmonica CreamsのCDが発売されます!!!!!!!!

といっても夏に自主制作で既に販売していますが、今回流通盤ということで装いも新たになりました。更にイカしたジャケットになっとりますよ。デザイン by D-13202

発売に当たって、幾つかの雑誌にレビューが掲載されています。もしお近くの大型書店に行かれた際にはチェックしてみてください。

1:CDジャーナル2月号(1月20日発売)にレビューが掲載されています。

2:ラティーナの最新号2011年1月号の2010年年間ベスト特集(ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートが表紙)でおおしまゆたかさんがハモニカクリームズを挙げてくれています。

3:アコースティックギターマガジン1/27売り号にレビューが掲載されます。


おおしまさんのベスト10は恐縮ですね。推薦、というより叱咤と受け取りました。これをもとに世界と向き合います。さ、英語のプロフィール資料作るぞ。英語のガリ勉している母に翻訳を頼んだら拒否されました。忙しいらしい。

そして、23日は発売日なので、全国、といいたいところですが、どうでしょうかね。少なくとも渋谷新宿のタワレコには面置きされることは聞いていますが。お近くのショップになければ、問い合わせしてみてください。

▲TOP
ショーキーと有花さんのアイリッシュセッション
ショーキーと有花

はい、トシです。更新が滞っていましたが、今日はいっぱい更新しますよ。

まず今週末京都からフィドル、アコーディオン、そして歌のおねえさん、ショーキーが来ますよ。トシバウロン一押し。みんな超好きショーキーの音楽を是非間近で聴いてみてください。そんなショーキーをエスコートするのは、みんなのお花、フィドル、コンサーティーナの有花さんです。今、彼女のバンド「トリコロール」がCD発売を控えていて大忙しの中、二日間たっぷり演奏してくれますよー。

初日は阿佐ヶ谷Mad Hog Kitchenでのセッション。この日はフィドル、歌のjohn*とギターのannieも来てくれます。そして更にもっとゲストがくる、かも。賑やかになること間違いなし。お店そんな広くないので、キュウキュウしながらきいてもらう感じかも。

二日目は西荻窪のみ亭でのセッション。この日はギター長尾晃司が来てくれます。やっぱり小さなお店。キュウキュウになりながらきいてください。この日も飛び入りゲストの予感。セッションなのでゆるゆるやっていきます。ふらりときてくれたお客さん歓迎です。

▲TOP
あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

正月明けて旅行に行ってきました。関西抜けて大分へ。去年タイバンしたバオバブの実家、山香のカテリーナ音楽研究所へ。丁度9日から工房を増築するタイミングだったみたいでバタバタしてる中転がり込みましたが、いやー行ってよかった。中々旅行では古民家解体には立ち会えません。

着いて早々、工房用の資材を調達する目的で、解体前の古民家に行くとのことで、ついて行きました。去年まで住んでいたお宅で、まだ生活用品が残っている中、選別しながらものを運び、「あの模様可愛い~、このデザイン可愛い~」とかいいながら、戸板やら窓やら金具やらを引き剥がしてました。研究所所長のコウハク先生は仕事柄、材木関係にも目がいくようで「あれは完全に乾燥して理想的な状態だよ。買ったら5万はするね」とかいいながら、和室の格子の枠を引き剥がしてました。



そう、カテリーナ音楽研究所は古楽器や竹製楽器を作っています。ほとんど納品してしまってあんまり残っていないけど、といいながらビオラダガンバやリュートをみせてもらいました。古楽器は胴鳴りがよく、響きます。出音は比較的小さいみたいだけど、響きがいいので、弾いたり聴いたりするのが気持ちいいです。特にガンバは使える! 万能奏者のアニーにでもマスターしてもらいましょう。

個人的にはオリジナル楽器の竹線が気に入ってずっと弾いてました。構造は三線と似ていてとても軽く響きがいい。思わず衝動買いしそうになりましたが、正月早々自制がききました。夢に出るようになったら買います。

カテリーナでは竹製楽器を作っている関係で、竹素材もふんだんにあるようで、ティッパーのオーダーメイドもしてきました。考えてみれば一番主に使っているティッパーはもう10年以上になり、所々折れたり磨り減ったりしていて、もう引退したいんだけど、という声がたまに聞こえます。そんなティッパーを讃えてもらいながら、新しいティッパーの設計図を打ち合わせしてきました。昔、北アイルランドに工房を訪ねていって相談した記憶が蘇ります。あの時と同じ感覚。これから何か劇的に伸びる気がする。

チーム山香の人達と呑んだり喋ったりしながら、今年の抱負も形になり、収穫の多い旅になりました。松本家の皆さん、シンゴちゃん、ゆうさん、ありがとね。

カテリーナ音楽研究所は、工房が4月頃完成の予定。そして、バオバブはその後東京ツアーを予定していて、5/9には凱旋もかねて地元山香での主催音楽祭"sing bird"コンサートが開かれる予定のようです。行きたいなー。行こうかな。
▲TOP
今年の振り返り中
IMG_3029.jpg

どうもトシです。昨日の工藤桂トリオでライブ納めました。昨日はライブ前に打ちあがってしまいました。

今日はのんびり今年の振り返りや整理をしています。数えてみると、なんと昨日のライブでちょうど100本でした。キリがよくて気分がよかったと同時に、意外に結構ライブしたなあとしみじみ。ツアーとか行くと増えるんですよね本数。

思い返しながらどんなライブが印象に残ったか。観たライブでいくと、チャーリー高橋さんときいやま商店のライブが面白かったなあ。特にチャーリーさんのライブは個人的なドツボでした。千駄木ペチコートレーンでみた、mueさんと岡野さんとの共演のライブは、人目もはばからず笑い転げてしまいました。大変失礼しました。

共演でいくと、おおたか静流さんとの録音・ライブは印象に残りました。おおたかさんに吸い取られる感じでした。あれは凄かったなあ。引き出され方が半端じゃなかった。本当に貴重な体験でした。あと、たゆたうの歌「つきにうたかた」は本当にいい曲だった。ラーイラーイライライ、ラーイラーイライ。あんな歌作りたい。

2/13スンダランドの合同セッションはお客さんがギュウギュウで、プチフェスでした。企画物としては今年最初の大きなものだったので、やっぱり記憶に残ってます。3/14千葉のお蔵フェスタ、セッションが楽しかった。電車でこっそりセッションはいいです。6/5、JJFのムリウイライブも準備してきたライブだったので感慨が大きかった。5人編成でやったのも初めてだったし。夏にたくさんライブしたハモニカクリームズは、個人的には房総の突端ASOのライブが一番覚えてます。食事が美味しかった。あのまま死んでもよかった。セッションはサックスの明と一緒にやったのみ亭セッションがベストでした。この夜を連れて帰りたい、とかおじちゃんが叫んでたなあ。工藤桂トリオで印象的だったのは10/8草津ライブ。uujiはとてもいいカフェでした。暖炉がよかった。そしてJJFレコ発ライブとTIGレコ発ライブ。今年一年の軸になった活動とライブでした。JJFはその前後で北海道・九州ツアーもしました。

あと、本数に入ってないけど、吉祥寺でトータル20本近くバスキングをしました。あの経験は大きかった。ミュージカル・モノムジカで新しいことに挑戦できたのも大きかった。

そんな個人的な思い出を色々羅列しながら、今年の整理は終わり。

では皆さんよい年越しを。また来年ー。
▲TOP
東京アイリッシュクリスマス
蒲田

ケルティッククリスマスに対抗してとかそんなのは一切なく、教会で何かイベントを、というお誘いをいただいたので企画しました。祝日ということもあるので、昼からのんびり参加型のイベントです。年賀状を書かなきゃいけない、とか、確定申告の準備始めなきゃとか、忘年会だとか、挨拶回りだとか、そうした日常仕事の喧騒から離れて、教会で音を浴びながら今年のみそぎをしませんか?

前半はDUOの3組に登場してもらい、ライブをお聞きいただきます。DUOなのでじっくりです。

後半は参加ミュージシャンが二組に分かれてセッションを行います。参加自由です。是非楽器を持ち寄ってきてください。

比較的ゆっくりと長いイベントなので、料理や飲み物(お酒はでませんが)も用意しています。楽しみに来て下さい。


▲TOP
今週末は今年最後のアイリッシュナイト
トシです。庭のもみじが日毎紅くなっていきます。それをみて和む自分がいることに気付き、少し歳を感じる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今週末は今年隔月で行ってきた渋谷SUNDALAND CAFEのIrish Night、今年最後になります。来年も開催しますが、とりあえずは一区切り。思い返せば2月にドカンとやった時の熱は凄かった。あの時の盛り上がりが今年の勢いを作ってきた気がします。ということで、今年も締めに相応しく賑やかにやりたいと思います。今年、僕の企画に一番協力してくれた寅年の二人。フィドルの大渕愛子とjohn*に加え、ギター下田理、そしてドラムの吉川知宏に参加してもらうことになりました。更にこの日は意外なスペシャルゲストもあるかも。お楽しみに、です。いつも通り、ノーチャージカンパ制ですので、お気軽にどうぞ。SUNDALANDの気さくで陽気なスタッフのもてなしと、アイリッシュセッションを楽しみにきてください。

Irish Nightが終わったら、John John Festiavlの九州ツアーと東京アイリッシュカンパニーのクリスマスイベントがあります。まだまだ今年は終わらない。

▲TOP
TOKYO IRISH GENERATION 青山フェスティバルいよいよ
少し前になりますが、10月末TOKYO IRISH GENERATION発売イベントvol.1が下北沢440でありました。ash grove,waits,ビューティフルハミングバードの3バンド出演。それぞれのバンドカラーがくっきり出ていて、いいイベントでした。3バンドの皆様お疲れ様でした。昼間からライブをみれるのと、好きなバンドを一挙にみれるのはお得ですね。堪能しました。僕は急遽朝ハミングバードのゲストに出ることが決まり1,2曲演奏に加わりましたが、ほとんどお客さん気分で参加していました。お客さんもいっぱいでした。

さて、いよいよ今月末28日には第二弾のイベント、青山フェスティバルが開催されます。都内のアイリッシュバンドやミュージシャンを一挙に見れるチャンスです。このバンド名前は聞いたことあるけど実際はみたことないなあとか、どのバンドもみたことないけどどんなかなあ、という方にはおススメです。この機会に是非。もちろんどのバンドもみたことある人にも来て欲しいですね。同じアイリッシュでもバンドによってこんなにカラーが違うんだ、というのがハッキリ出て面白いと思います。是非是非足を運んでみてください。出演は豪華5バンドです。




▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。